自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

腹筋、ここがポイント③

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

さて、先日こんな動画を上げました。

 

youtu.be

 

撮影後2,3日筋肉痛になった腹筋トレーニング動画です笑

 

なのでこの動画で追い込むことが出来れば理想どおりのお腹周りが手に入るかも✨

 

是非皆さんトライしてみてください👍

 

 

しかし、腹筋はその動作をただやるだけでは追い込むことはできません💦

 

キツいと感じて追い込む風にはなれても、効率的に使えていない人が多いのが事実です…

 

なのでこの腹筋動画の4種目をより効果的に出来るような連載を始めております😆

 

 

今日は3種目目、バイシクル

f:id:hiromi-personaltraining:20210717191835j:plain

片方の肘と膝を近づけ、反対の脚を伸ばし交互に入れ換えるトレーニングです!

f:id:hiromi-personaltraining:20210717192012j:plain

こんな感じ😁

 

使われる筋肉は…

f:id:hiromi-personaltraining:20210717192158j:plain

この外腹斜筋と

f:id:hiromi-personaltraining:20210717192314j:plain

この内腹斜筋の2つ

くびれづくりやウエスト引き締めにとっても大切な筋肉です✨

 

この2つの筋肉は写真の通り上は肋骨から、外腹斜筋は恥骨をめがけて、内腹斜筋は腰骨(腸骨)をめがけてついています。

 

筋トレの基本は筋肉の端と端を近づける方向に力を入れながら近づけたり遠ざけたりすること。

 

なので、外腹斜筋は肋骨を恥骨に、内腹斜筋は肋骨を腰骨に近づけます。

そうすると、写真のように肘と膝を近づけるような動きになっていくのです。

右の肋骨を左の腰骨に、左の肋骨を右の腰骨に近づけるように捻るとうまいこと内腹斜筋も外腹斜筋も力を発揮します。

 

なので、「肘と膝を近づけよう」ではなく「肋骨を反対の腰骨に近づけよう」の気持ちで身体を捻ることがこの2つの筋肉を効率的にトレーニングするポイントになりそうですね👍

 

今回は割とイメージしやすかったのではないでしょうか💡

 

次は最終回、マウンテンクライマー編ですね🎵

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!