自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

【野球】スワローズ戦考察vol.2(7/13-7/14 対読売ジャイアンツ)

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

新企画、スワローズ戦考察は3カード目。

 

今回は読売ジャイアンツ戦です。

 

ジャイアンツとは形上は2位3位争いと言うことになりますがこのカードの前の時点でジャイアンツ戦の成績は2勝7敗1分と実力差を見せつけられており、前のカードは三連敗。

 

今回は2試合なのでなんとか1試合は勝ってほしいと願います。

 

 

7/13 ヤクルト 14-6 巨人

予告先発のヤクルト奥川投手と巨人サンチェス投手は共に今季初の相手。奥川投手はプロ入り初の巨人戦。共に防御率は4点台前半、若干奥川投手のほうが最近の試合の安定感があるが予告先発時点での有利不利は感じない。

 

初回は松原選手のツーベース、坂本選手を打ち取った後丸選手の打席で先発奥川投手の暴投により松原選手は三塁へ、丸選手はセンターに手堅く犠牲フライを放ち先制。

ここで終わればまあいいかなと思ったが続く岡本選手は追い込んでから詰まらせはしたもののライト前、ウィーラー選手は三振に斬るも7球を要し初回は24球とやはり巨人打線は簡単ではないと感じた。

 

…と思っている中2回の表は村上選手の打った瞬間スタンドイン、ホームランと打点王の岡本選手追撃の25号ソロから始まり、吉田大成選手のプロ初本塁打(打ったあと打球を追わずなぜか吉田選手の走っているシーンを追うという謎)、続くサンタナ選手も久々のホームランとまさかの1イニング3発で逆転。

そして4回は山田選手がこちらもホームランと打点で岡本選手追撃の25号スリーランで7-1と突き放す。

 

しかし4回裏は岡本選手のタイムリーで5点差に追撃される。東京ドームの5点差はセーフティリードではないのでウィーラー選手に続かれると面倒だがここはウィーラー選手をダブルプレーに打ち取り流れを渡さない。

 

すると5回もヤクルトはオスナ選手サンタナ選手のホームラン、6回にも加点し10-2と試合を決定づける。

 

奥川選手は岡本選手に3安打されたりと巨人打線にもつけ入る隙がなかったわけではないがフォアボールがなかったことと打たれても動じず坂本選手とウィーラー選手を抑え打線を分断したことが3失点でまとめられた理由ではないかと思う。ランナーが出ても今日のようなピッチングができることは頼もしく思う。

 


また、今日は石山投手が登板。下位打線相手ではあるがストレートで空振りを奪うなど二軍降格前よりは状態は上がっている模様。オリンピック休み明けの復活が待たれる。

 

今日どうしても言いたいのは、ヤクルトは岡本選手に打たれ過ぎ笑

岡本選手はホームラン26本中6本がヤクルト戦、打点は79打点中なんと23打点がヤクルト戦。

山田選手と村上選手のホームランと打点のタイトルの最大の敵はヤクルト投手陣と言えよう笑

 

 

7/14 ヤクルト-巨人

ヤクルト先発は今年巨人から移籍の田口投手。巨人戦はここまで二度登板があり勝ち負けはついてないものの防御率3.27、被打率.333ながら11回で与四死球1と粘りのピッチングを見せているが最少失点に抑える印象は乏しい。対戦相手のどすこい山口投手も日本球界復帰後3試合共に安定したピッチングなので決して楽な戦いではなく昨日打ちすぎたスワローズ打線がどう山口投手を攻略するかが鍵である。

 

試合が始まるとヤクルト打線が早速山口投手に襲いかかり、サンタナ選手のタイムリーなどで4点先制。山口投手は元々繊細なコントロールがあるピッチャーではないが塩見選手、オスナ選手、サンタナ選手と打たれたヒット全てストライクゾーンの変化球を仕留められていた。ストレートの空振りは一球もなくヤクルト打線が山口投手のストレートに押し込まれる雰囲気はなかった。

 

一方、個人的に自身がマウンドに上がる前に4点も取ってもらえると投げるピッチャーとしてはどうしても「4点も取ってもらって追い付かれるわけにはいかない」とプレッシャーになる。1イニング投げて裏の攻撃で4点取ったならそうでもないが。田口投手がそういうメンタルだったかはわからないが先頭からヒット、ツーベース、フォアボールとなかなか乗り切れない。しかし田口投手は岡本選手、ウィーラー選手と打ち取りその後2点タイムリーは打たれるものの踏ん張ったのではないかと感じる。

 

2回にはなんと山田選手にフォアボールを出した山口投手をもう諦め今村投手にスイッチ。明日から1ヶ月のオリンピック休みになるのでピッチャーはどんどんつぎ込めるのとヤクルト打線が山口投手に対して嫌な印象を抱いていないと感じたか。事実、山口投手がストレートで空振りを取れたのは青木選手の1球のみであった。

 

そして3回にはヤクルト投手陣安定の岡本選手へのアシストとなるカウント3-1からの2ランを浴びて同点。カウント悪くなった時点で岡本選手は敬遠しろよと思いもする。しかし、対照的に巨人投手陣は山田選手に対して3ボールとカウントを悪くしたら外してフォアボールにしているがこのフォアボールが前半2回の得点に絡んでいるのだからそうもいかないのだろう。田口選手もこの回で降板しスアレス投手にスイッチ。まさに前半最終戦、総力戦の継投である。

 

接戦になるかな…と思いきや4回は2アウトからの山田選手のフォアボールを皮切りにオスナ選手のタイムリーで勝ち越し、5回も山田選手へのデッドボールの後のオスナ選手のスリーランで突き放す。主軸との勝負の仕方が結果的には明暗を分けた形になるが、山田選手村上選手との勝負を避けてもこのオスナ選手がいるのがスワローズがこの順位につけている理由のひとつと思われる。

 

試合は後半へと進むがジャイアンツ投手陣の4連続フォアボールを含めた自滅で勝負あり。スワローズは石山投手が甘いストレートを坂本選手とウィーラー選手に2安打されるものの丸選手はスライダーで三振、岡本選手と中島選手は高めの厳しいストレートで詰まらせ外野フライと昨日に引き続き徐々に調子を上げているのがうかがえた。

最後はアメリカ代表マクガフ投手が3点を失ったが11-7と前半最終戦を白星で飾った。

 

スワローズ観戦記は一旦中断だが、オリンピック観戦記もできたらいいなあと思う。

 

 

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!