自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

姿勢を良くするメリット①(筋肉をつけたい人)

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

先日、姿勢が崩れる原因についてお話しました✨

人はさまざまな習慣の癖によって姿勢が乱れるということでしたね💦

 

今日は、なぜ姿勢を整えると良いのかを少しお話しようかと思います。

姿勢は良いほうが良いってことはなんとなく皆さんもイメージが沸きますよね(そりゃそうか笑)

しかし、姿勢が良いと具体的にどのようなメリットがあるかはあまり知らない人が多そうです。

 

まずは、筋肉をつけたい人がなぜ姿勢が良いほうがいいのかをお伝えします。

結論から話すと「姿勢が乱れている人は筋力や柔軟性のバランスが乱れている証拠であり、正しく狙った筋肉を動かせずトレーニングの効果が落ちる」からです。

 

姿勢が良いということは、それぞれの筋肉に適度に力が入り、適度に柔軟性がある状態です。

例えば、腹筋と背筋で背筋のほうが強すぎたり硬かったりすると腰が反り、腹筋のほうが強すぎたり硬かったりすると腰が丸まります。

「猫背」や「反り腰」といった不良姿勢はこういった感じで起こります。

(実際は様々な筋肉が絡んで不良姿勢がつくられるのでこんなに単純ではないですが、あえてシンプルに説明するために単純にしました。)

 

「反り腰」の人は背筋が強く硬くなり、腹筋が弱い状態といえます。こう言った方は腹筋が弱いのでお腹周りの筋肉があまり使われておらず腹筋があまりないなあと感じることでしょう。

そうすると、腹筋を鍛えたいって考えると思います。

 

しかし、この姿勢のまま腹筋を頑張ろうとしても背筋が硬く、腹筋を大きく動かすことができません。なので、腹筋運動をやろうとしても「腹筋運動風」の動作になってしまい実際は腹筋が効率よく使われていないことが多いです。

場合によっては背中や腰の筋肉に負担がかかり痛めてしまいます。

 

そうならないために、腹筋と背筋の筋力や柔軟性のバランスを整え、正しく筋肉を動かせるようになることが大切です。

例では腹筋と背筋でお伝えしましたが、こういった筋肉のアンバランスはもも前ともも裏、ももの付け根とお尻、胸と背中の上、首と背中の下などさまざまなところで起こるのと、1箇所だけではなくだいたい連動して起こります。

ということは、姿勢が乱れてるといろいろな筋肉が上手に使えない可能性があります。

 

というわけで、筋肉をつけたい人はターゲットの筋肉のトレーニングも大切ですが平行して姿勢を整えるトレーニングが必要ですし、乱れ具合によっては姿勢を整えることから始めたほうがいいこともありますね✨

 

姿勢はなかなか自分で確認することは難しいので、姿勢を正して効果的なトレーニングを行いたい方は是非一度パーソナルトレーニングをご体験ください😌

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!