自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

熱中症はこうして気を付ける①

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

ついに今年も気温30℃を超える日が続くようになりましたね。

 

そんなときに怖いのが熱中症🥵

 

news.yahoo.co.jp

 

連日熱中症による救急搬送のニュースが後を絶ちません。

 

今は以前よりも気温も室温も高くなっています。そして冷房がいろいろなところで完備されるようになり我々は暑さ慣れしづらくなっていると思われます。

(冷房が悪いという意味ではなく、冷房を完備しないといけない環境になってきているということです。)

 

そんな中暑い日に屋外に出ると体温調節がうまくいかず熱中症の症状が出てしまいます。

 

1番は無理をしない、大人は子どもに決して無理をさせないことですね。

 

とは言うものの、全く慣れないのも暑さに弱くなってしまう…

 

 

…ってことで、30℃の日に走ってきてしまいました💦

f:id:hiromi-personaltraining:20210712203854p:plain

f:id:hiromi-personaltraining:20210712203921p:plain

 

「お前が無理しとるやんけ」とお叱りを受けそうですが、暑い中無理なく運動をするためにはどう気を付けたらいいかを安全面に最大に配慮して自ら体験してきました。

 

是非そのどう気を付けたらいいかを共有し、参考になるところがあれば参考にしていただければと思います。

 

例によって長くなるので2日に渡ってお送りします笑

 

もちろん熱中症のリスクが高いときは運動を控えるのがベストですが、様々な理由で屋外で運動をする必要があったり、屋外で運動することが楽しくて控えるのが難しい人がいることも理解しています。

 

「こんな時期に屋外で運動なんて馬鹿げている!」という人もいるかもしれませんがそれが趣味でストレス解消になってる人もいるかもしれないですもんね。

 

そういう人が無理なく趣味を楽しんだり、また、アスリートで暑い中でも練習する人が参考になればと思い記事にしたいと思いました。

 

※決して熱中症のリスクが高い中での運動を推奨するわけではありません。特に、判断能力の高くない子どもに関してはより一層配慮すべきと思います。

 

 

①水分補給の用意は周到に。ボトルに加え現金や電子マネーなど途中購入が出来る準備を。

これに尽きると思います。参考までに私は出発1時間前に合計500mlを少しずつ飲み、6kmで500mlを飲み、次の3kmで500mlを飲み、最後の2kmと終了後1時間で500mlを飲みました。合計2Lですが飲み過ぎてお腹タポタポしてる感とか全くありませんでした。

汗で水分だけでなくナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも失われるのでそれらが含まれるスポーツドリンクや運動中用のサプリメントドリンクをオススメします。基本は30分に1度、200mlずつ飲むのがオススメと言われてますがのどが渇いたと感じたときは既に脱水症状が始まっているのでスパンはもう少し短くてもいいと思います。

 

②強度と量、共に無理をしない。楽かなくらいの設定でも暑さ慣れしてないときついこともある。

暑さは筋力、パワー、持久力と全てのパフォーマンスの低下要因となります。特に暑さ慣れしていない人ほど顕著に現れます。普段暑い中運動していない人は楽と思われる強度と量から始めてください。そこでもし余裕があれば次回から少しずつ強度を上げていきましょう。

ちなみに私は現状だと1km5分で10kmを走るのはそんなにきつくないですが、それは気温23℃程度の日でした。それが気温30℃の中だと30秒ペースを落としても不十分。結果的に平均1分程度ペースを落としても決して楽ではありませんでした。

 

 

本日は以上2点、続きはまた明日紹介します。

 

この2点、ありきたりで改めて気を付けるような内容でないと感じるかもしれませんが…

 

それでもこの2点をわざわざ挙げた理由として

 

中途半端な気を付け方では不十分ということです。

 

内容から見ておわかりいただけるかと思いますが、私もけっこう気を付けたつもりでした笑

 

それでも最後はバテバテ…

 

 

実際に熱中症になった人でこの2つを「知らなかった」という人は少ないんじゃないでしょうか?

 

知っていても心の中で「まあこれくらい気を付けてれば大丈夫」があったんじゃなあかと思います。

 

なので言わなくてもわかりそうなこの2項目を敢えて声を大にして伝えたいと思います。

 

この2つは気を付けすぎるくらいでちょうどいいですよ👍

 

それでは、明日は続きを紹介します。

 

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!