自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

セット間の休憩時間は?

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

皆さんは、トレーニングをする際のセットとセットの休憩時間はどれくらいとってますか?

 

とりあえず次やる気が出るまで取ってますか?

 

それとも本やネットを見た情報に基づいてとってますか?

 

今日はそれをご紹介します!

 

 

まず、セット間の休憩時間の目安は

 

レーニングの効果を最大限に引き出すために設定されています。

 

ゆえに、休憩時間を1秒単位で暗記するだけではなくなぜその休憩時間が設定されているか意味を理解しないと数字だけを追うことになり本来の目的を達成できないので、ぜひ意味まで理解しましょう。

 

 

神経筋促通

まずはトレーニングを始めたての人が目的とする「神経筋促通」(狙った筋肉を使える技術を高めること)の場合は、休憩は30秒程度です。

 

なぜこのような短いインターバルかというと、筋肉が意識できる感覚を忘れないうちに次のセットを行おうという意味です。

 

ゆえに、もし30秒も休まなくても次のセットができそうであれば行っていただいて構いません。

 

 

筋持久力向上、シェイプアップ

筋持久力やシェイプアップでは軽い重量で多くの回数を行ったうえで筋肉を疲労させることで効果が出てきますのでセット間の休憩は短めの30秒から60秒に設定しましょう。

 

あまり回復していない状態で次のセットを行うことでより筋肉を疲労させることで効果を上げていきます。

 

 

筋肥大

筋肥大は高重量で筋繊維に微細な損傷を与える「物理的ストレス」、低重量高回数で筋肉を酸性の状態にする「化学的ストレス」を与える2つのパターンのトレーニングがあります。

 

高重量の物理的ストレスを与える場合は2-3分程度とある程度休憩を取り次のセットでも同じくらいの重量を扱うことが望ましいです。

 

低重量で化学的ストレスを与える場合は筋肉が回復しきらないほうがいいので60秒程度の休憩が望ましいです。

 

30秒程度という文献もありますが、30秒の休憩で次ができるということは前のセットで追い込み切れていない可能性があります。もし心が折れて前のセットの追い込みが足りなかった場合は30秒程度でも構いませんが、1分は休憩したいと思うくらい1セット1セットしっかり追い込むことが大切です。

 

 

筋力向上、筋パワー向上

筋肉そのものの力や最大筋力に達するスピードを向上させるトレーニングの場合は、完全回復するまで休憩しましょう

 

1セット目と2セット目のパフォーマンスが同じくらい出せるまでしっかりと休みます。

わかりやすいですね笑

 

 

以上、セットの間の休憩についてでした。

もし今までこだわっていなかった人はぜひ休憩時間も気にしてみてくださいね!

 

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!