自由ヶ丘、川崎のパーソナルトレーナー 向井ひろみの何歳からでもフィットネス(ときどき野球)

運動を始めるのに年齢は関係ありません。何歳からでもフィットネスをモットーにパーソナルトレーナー活動をしております。また、子どもの野球教室のトレーナーとしても活動し、プロ野球ヤクルトスワローズのファンでもあることから野球の記事も時々書いていきます。

ストレッチの種類

おはようございます!自由が丘と川崎市多摩区で活動するパーソナルトレーナーの向井ひろみです!

 

さっそくですが、みなさんはストレッチというとどんなものを思い浮かべますか?

 

ラジオ体操のような動きながら筋肉を伸ばすストレッチですか?

 

開脚して身体を前に倒して動きを止めてじっくり伸ばすようなストレッチですか?

 

 

これらは両方ともストレッチなんです!

 

そして前者をダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)

 

後者をスタティックストレッチ(静的ストレッチ)といいます!

 

さて、どっちのストレッチが効果的なんでしょう?

 

 

…正解は、やるタイミングによって効果的なストレッチが異なる、です!

 

伸ばし方が違えば、効果も違います。

 

 

ダイナミックストレッチは運動前や日常の体操としての実施がオススメです!

 

ダイナミックストレッチの目的は動きのなかで柔軟性を高めていくことなのでこれから動くというときにまさに必要です。

 

動いているということは筋肉が伸びもしますし縮みもします。

 

運動やトレーニングでは筋肉が伸びるも縮むも両方行われるので、その両方の動きが出るダイナミックストレッチが良いのです。

 

反面スタティックストレッチは伸ばすことに重点を置いており、伸ばせば伸ばすほど筋肉を縮ませる反応をもたらす器官の働きを弱めます。

 

結果、縮むパフォーマンスが下がるので動作のパフォーマンスも下がりお薦めできません。怪我の予防にもあまり効果的でないと研究の結果も出ております。

 

(一部例外があり運動前にスタティックストレッチを行うほうが良いケースもあります。パーソナルトレーニングで運動前にスタティックストレッチを実施する場合は理由があるのでご安心ください。)

 

 

スタティックストレッチは運動後、お風呂上がりや寝る前がオススメです!

 

スタティックストレッチの目的は筋肉そのものの柔軟性を高めること、また血行をよくし疲労の回復を促すことです。

 

先ほどのダイナミックストレッチの項で述べた通り運動前には適さないことと疲労回復を促すという利点を踏まえ運動後がオススメです。

 

また、お風呂上がりは筋温が上がり筋肉が伸びやすいのでオススメです。

 

また、じっくり深呼吸をしながら伸ばすことで副交感神経が優位となり睡眠の質も上がりやすくなるため寝る前もオススメです。(ダイナミックストレッチは交感神経が優位になり興奮状態になるのでオススメできません。)

 

また、筋肉そのものの柔軟性(伸長性)を上げるためには最低でも20秒以上筋を伸ばし続ける必要があるので、ダイナミックストレッチだと明らかに筋を伸ばす時間が足りないのです。

 

 

以上のようにストレッチの特色を踏まえて適切なストレッチを選択できるようにしましょう!

 

なお、YouTubeで股関節のスタティックストレッチの動画を上げたのでご覧下さい!

youtu.be

 

【体験レッスン受付中】

日・火・水・木 フィットネススタジオヴィスティ自由が丘

金・土 川崎市多摩区パーソナルルームor多摩川河川敷 

(月は応相談)

 

↓連絡先↓

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430(向井ひろみ)

 

 

パーソナルトレーナー向井ひろみ公式Instagram

https://www.instagram.com/hiromi.personaltraining/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ自由が丘公式Instagram

https://www.instagram.com/vistea.jiyugaoka/?hl=ja

 

フィットネススタジオヴィスティ公式YouTube

youtube.com

 

連絡先

mail:hiromi11100430@gmail.com

LINEID:kamui0430

(向井ひろみ)

 

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます!